09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2010.02.21 (Sun)

ひこぞーとの出会い

今日はめずらしく時間ができたので本日2回目の投稿です。
ひこぞーとの出会ったときの事を書いています。

今から8年前、祖母宅で留守番をしていた時、外から子犬の鳴き声が聞こえてきました。
近所の飼い犬だろうと思い、その時は放っていました。
しかし、いつまでたっても鳴き止まない。
気になってしまい、外へ覗きに行きました。鳴き声を聞くとなぜかほっておけない
すると白い小犬がキャンキャン鳴きながら右往左往していたので、近づいてみると、
hiko3側溝に子犬がチョコンと座っていました。手を差し伸べても近づいてきません。そこで、抱き上げてしまったのです。^ ^;;;;;
早速家の中に連れ帰り、今日から君はうちの家族の一員だ  と思っていたら、
何やら体中でうごめくものが、、、、、
hiko4何と!ノミ・ダニ・シラミのオンパレード!!でした。これはイカンということで、早速動物病院へ。
ラッパノズルみないなのがついたフロントラインのスプレーで全部落としていただきました。
お会計のときは、保護犬ということで、初診料を免除していただき、感動です。

そして、実家へ連れ帰りましたが、すでに、先代犬のグレちゃんがいたので、しばらく2匹を隔離することにしました。
グレちゃんは屋内飼いで、ひこぞーだけ屋外というのも可哀想なので、ひこぞーも屋内で飼うことにしましたが、うちには犬小屋やゲージというものがありません。
そこで、応急処置(?)としてダンボールで囲いを作りました。場所は廊下しかあいていませんでしたが、、、
hiko5暗いと怖がるので大きな窓を開け、布団を引いてやると、ヒコヒコ鳴くものの自分の居場所だということを理解したようです。

ひこぞーはなかなか物覚えがよく、お手や、待て、排便などのしつけには全く苦労しませんでした。賢いのか?
ただ、泣き虫でいつもヒコヒコ鳴くので、ニックネームはひこぞーです。

しばらくして新しく小屋を作りました。
hiko6これもダンボールですが、なぜか気に入ったようで、早速入り、スヤスヤと寝てしまいました。

初めて会ったときはラブラドールの子犬みたいだったのですが、だんだん顔が変わってきて、耳が片方だけたってきたのです。「このまま折れていて~!」という願いもむなしく片耳は完全に立ってしまいました。
ま、いいよね、これも味があって。
スポンサーサイト
web拍手

タグ : イングリッシュコッカー ミニチュアシュナウザー Mix犬

15:13  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |